NPO法人設立趣旨

2009年、AC等々力は何もないゼロからの船出でした。
しかし、少しずつ川崎市中原区、高津区、幸区の地域の方たちから愛され、選手たちもAC等々力のサッカーの脳を使うトレーニングを通して、サッカーの本当の楽しさを知りながらクラブとともに成長していくことができました。

 今後、AC等々力はさらなる発展を遂げようとしています。

現在の任意の団体ではなく、永続する組織の確立、会計の透明性等を図り、地域の方々から信頼され愛されるクラブとして活動を行なって行きたいと考えていたことから、社会的にも法律的にも認知された特定非営利活動法人(NPO法人)として活動していくこととなりました。
2010年は特定非営利活動法人Athletic Sports Club Todoroki(略してNPO法人 AC等々力)として活動してまいりますのでどうぞよろしくお願い致します。


 AC Todoroki was a departure of a ship from ZERO with nothing, too in 2009.
However, it was loved little by little by the people in the region in Kawasaki City Nakahara Ward, Takatsu Ward, and the product district, and it was possible to grow up with the Saiwai Ward ,
club while knowing true happiness of soccer through training for which players also used the brain of soccer of AC Todoroki.
AC Todoroki starts accomplishing further development in 2010.
It came to act as AC knowledged NPO (incorporated nonprofit organization) from wanting the activity as the club of establishment and the accounting of not a group arbitrary now but the organization that lasted long that aimed at the transparency etc. , was trusted from the people in the region, and loved in socially and the law. My best regards because of acting as NPO Athletic Sports Club Todoroki in 2010.